根本的な原因

肩が片方に下がってしまったり、足を揃えてみると膝小僧があっていなかったりと、身体の歪みを感じたことがある人がいるでしょう。
整体に行けば改善することができますが、身体が歪む原因となる生活をしていると、整体に行った意味がなくなります。
整体してもらい正常になった身体を保つためにも、身体が歪む原因について知っておく必要があるので、原因について説明していきます。

立っているとき、左足、または右足に重心をおく人がいるでしょう。
楽な姿勢なのでやってしまう人が多いですが、このような姿勢でいると骨盤が歪んでしまい足のバランスが悪くなります。
骨盤が歪んでしまったことで腸の働きを悪くしてしまい、下痢や血流が悪くなることがあります。
もし下痢といった症状で悩んでいる人がいたら、それは骨盤の歪みが原因の可能性があります。整体に行って身体の歪みを直してもらいましょう。

座るとき、背もたれに背をつけなかったり、足を組んだりと自分が楽に感じる方法で座る人がいるでしょう。
しかし、これらの姿勢はどれも身体に負担がかかるものなので、身体は歪みやすくなります。
腰痛や股関節の痛みの原因となり普段の生活に支障をきたすことがあるので、これらの姿勢をよくしてしまう人は一度整体に行き診てもらうといいでしょう。
そして、歪んでいるなら整体してもらいましょう。

このように、普段から行っていることが身体の歪みとなる原因になっていることがあります。
整体に行った後、身体の不調を出ないようにするためにも、普段の生活を改めるようにしましょう。